相続や家族に関する相談は専門家に頼ろう|心スッキリ債務整理

スーツ

相続対策と相続税対策

相続対策について

悩み

家族など身内に不幸があった場合、悲しみにくれている暇もなく相続問題でもめるといったことはよくあります。故人の残してくれた財産を少しでももらいたいという人間の欲によりそれまで仲の良かった兄弟や姉妹がお互いにののしりあったりします。そのようなトラブルがおこらないようにするための相続対策としては遺言書を残しておく方法があります。遺言書に各財産の割り振りを書いておけばその内容に従わなければならないため、もめることはありません。また相続対策として相続税は現金で支払う必要があるため、可能な限りの現金を残しておくことも重要となります。不動産などは分けることができないためだれが相続するのかでもめ、また現金がないと税金を納めるお金のことでもめることになります。

相続税対策について

相続対策の他に相続税対策も重要です。これといった決定的な対策はありませんが、生前贈与や生命保険を利用した相続税対策を行っている人は多いです。生前贈与では毎年100万円までのお金を渡すことにより相続時に税金がかからないようにする相続税対策となります。また生命保険を利用していると相続人の人数分、決まった金額を免税される相続税対策となります。本年度より基礎控除額が低くなったため、特に都会で不動産を有している人の多くが相続問題に直面することになるため、それぞれ相続対策を準備しておくことが重要となります。同居している家族がおり、その人が家を引き継ぐ場合には相続税がかからない減税措置もありますので有効な税金対策となります。