相続や家族に関する相談は専門家に頼ろう|心スッキリ債務整理

スーツ

相続対策の重要性について

相続税制の改正について

弁護士

税と社会保障の一体改革の一環で、相続税制についても改正がされました。この改正に伴い、平成27年1月からは、それ以前と比較して基礎控除額が6割の水準へと大幅に引き下げとなりました。具体的な数字で説明すると、夫が亡くなり、その財産を妻と子供二人で相続するケースでは、基礎控除額が8000万円から4800万円と大幅に引き下げられることとなります。この改正によって新たに影響を受けることとなるのは、東京都心はもちろんのこと、千葉や川崎、横浜といった首都圏の地価が高い地域に不動産を所有している世帯であるといわれています。これらの世帯については、今までは課税額に満たなかったけれど、この改正により新たに相続税の納税対象世帯となる可能性が高まってきます。

早めの対策が重要

東京都心や川崎、横浜、千葉などで不動産を所有している世帯は、早めに相続対策を考えておくことが重要となります。相続対策は一朝一夕に行えるものではないため、出来るだけ早めに相談をしておくことが非常に重要になります。相続税対策にあたっては、税の専門家である税理士に相談することがおすすめです。一口で税理士といっても、それぞれの税理士によって得意分野は異なりますので、相続対策に実績のある税理士に相談することが重要なポイントになります。それぞれの管轄の税務署によっても相続財産の評価の考え方に若干の違いがある可能性もありますので、千葉なら千葉の、川崎なら川崎の地元の実績のある税理士に相談するのが一番お勧めです。